初代iPad発売時のCM

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

2010年1月、アップルはiPadを発表しました。

最初は、でっかいiPod Touchだとか、誰がこんなもん持ち歩くんだとか、いろんなこと言われてましたねえ。

新しいもの好きの私は早速購入しましたが、初代のやつは、重い、重い。片手で持つのはキツい感じでした。初代は厚さ13.4mm、重さ680g。今もっている1世代前のiPad Airは厚さ7.5mm、重さ469gですから、厚さはほぼ倍、200gも重かったんですな。

それでも、ファッション雑誌や、辞書、新聞などをカバンに入れる必要がなくなった、というのは大きな変化でした。

楽器の練習の時なんかはさらに軽量化が進み、メトロノーム、チューナーはiphoneで、楽譜はiPadで。歌詞も探せば出てくるから歌本もいらないし、肩こりや腰痛が軽減したのも、かなりの部分、アップルさんに助けられたのではないかと思います(^_^;

こちらが、iPad発売の時のCM。

 

今見ても夢がありますよねえ。7年前というのが信じられません。

当時、いち早く電子書籍化したのは、自分が読んでいる範囲では、ヴォーグ、マリクレール、コスモポリタンなど。新聞はNew York Timesが比較的早かったでしょうか。いずれも写真やビデオがふんだんに取り入れられ、さすが、という感じでした。

ファッション雑誌のモデルさんの写真なんか、静止画なのに、髪の毛だけふわふわ風に揺れてたりして、「うわあ、一体どうなってるんだ?」と仰天しましたねえ。

後からわかったんですが、Cinemagraphという技術だそうで。まさにこんな感じの仕上がりでした。

pin

(GIFのボタンをクリックしてみてください。ファッション雑誌で見たものは、何もクリックしなくても動きのあるものが表示されてました。)

一方、日本のメディアは電子化が遅れ、出てきても低画質のPDFだったりと、随分水をあけられました。まあ、流通やら版権やらの問題で、どうしようもなかったんでしょう。

2010年は電子書籍元年とも言えるでしょうが、私自身、既存のものを電子化する、という発想しかありませんでした。

まさか、「無料」の「縦読み」マンガが流行るとか、7年前には想像だにもしなかったことです。

まだまだ行く先が楽しみですね。長生きはするもんだ、っと(^0^)

にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へ
にほんブログ村

応援クリック↑
お願いいたしますm(__)m


老後の生活資金を確保するには

定年退職前に自力で稼ぐ力をつけよう!

パソコン1台で稼ぐノウハウから
会社組織の運営方法まで
自宅で学べる無料の動画セミナー

詳しい内容を読んでみる

ブログ管理人プロフィール

1962年早生まれ。典型的な昭和世代の青春時代を過ごし、思い出を発掘している50代。
バブル時代をクソまじめに過ごしたにも関わらず、
定年を前にして老後の生活資金に悩む女子事務員の奮戦記はこちら。

プロフィールを読んでみる

★コメントを書いてあなたの思い出もシェア!★