小林克也氏の百万人の英語を聴けるところを見つけました

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

百万人の英語って?

昭和時代に高校生活を送った方にはなつかしい英教の「百万人の英語」。
文化放送やラジオ短波で放送されていました。

なんといっても楽しみだったのは、小林克也氏の洋楽解説コーナー。

軽快なおしゃべりと、かっこいい英語の発音にあこがれ、
豊富な洋楽の知識には尊敬を抱き、
自分もこんな風になりたい! いつかアメリカに行くんだ!と
夢をふくらませたものです。

この時代の「百万人の英語」誌は、ヤフオクでもみつからず、
録音も販売されていないし、
もう二度と聴けないのか、カセットテープ、とっておけばよかった、と
後悔していたのですが…

昨年、この貴重な録音をYouTubeに投稿した方がいらっしゃったんですね。

うわー、これはすごい!といてもたってもいられず、
早速ブログに載せてもいいですか、と許可をいただきにいったところ、
ご快諾をいただきましたので、
以下、全力でご紹介いたします!

オープニングを聞くだけでいろんなことがよみがえる

では、早速。

百万人の英語 OP 1978年7月20日

まずは、コールサインのJOQR。11時の時報の後聞こえてくるのは、予備校のCMです。

「受験生のみなさん、代々木学院では共通一次に備えて…」

うわ−、共通一次!この言葉、数十年ぶりに聞きました。

「君たちねえ、コンピューター技術者は引っ張りだこなんだよ、いま! 21世紀をリードするのはもちろんコンピューター技術さ! 東京上野の千代田電算機学院はIBMを使って実習はバッチリ!」

おお、「電子計算機」!

この頃に千代田電算機学院に入って、
IBMで実習して21世紀をリードするコンピュータ技術者になった方、
そろそろ定年になられる頃でしょうか…

そして、あのハイドン交響曲第101番ニ長調「時計」第2楽章が流れます。

「みなさん、英教の百万人の英語の時間が参りました。」

いよいよはじまりです。
サイモン&ガーファンクルのミセス・ロビンソンにのせて、
トミー植松先生登場!お相手はホリー・カレンさん。

夏休みの予定について軽くしゃべって…

で、この動画は終わり。

え、オープニングだけ? と思うかもしれませんが、
私はこれを聞いただけでも涙ものでしたねー。

今聴いても新鮮な小林克也氏の歌詞解説

それでは、肝心の小林克也さんミリオンズシアター「音楽」の動画です。

百万人の英語 小林克也 1978年4月12・17・19日

お相手はテリー・アンドウさん。

1978年4月12日放送分でまず紹介された曲はこれ。

What A Wonderful World This Would Be
by James Taylor, Simon & Garfunkel

僕は学校の勉強はわかんないけど、
君を好きなことだけは自分でわかってる、という曲なんですが、
授業の科目名がひとつひとつ出てくるんですよね。

biology とかalgebraとか。
やっぱり学校時代はなつかしい…

そして、ちゃんと文法も出てきます。
What a wonderful world this would be.
if が省略された仮定法過去。
うーん、こんなのも40年ぶりぐらいに耳にしました。

曲と歌詞はこちらでどうぞ。

そして、アート・ガーファンクルをもう1曲。

Shine It On Me
by Art Garfunkel

動画の4:00あたりからは、日付が変わり4月17日に。
「引き続いて〜」の声は、なつかしのハリス先生ですね。

この日は、Paul SimonのSlip Slidin’ Awayの解説です。
文法のお題はthe 比較級、the 比較級で、〜すればするほど〜になる、でした。

曲と歌詞はこちらで。

Paul Simon – Slip Slidin’ Away

8:50からは日付が変わって、4月19日放送分。Slip Slidin’ Awayの続きです。

文法のお題は、so なんとか that 〜。
あまりになんとかだったので、〜だった。

そして、ポール・サイモンをもう1曲紹介します。

Mother and Child Reunion
by Paul Simon

番組終了後は、代ゼミと駿台のCMが入ります。
これがなかなか味わい深いですね。

そして、こちらが最後の録音です。

百万人の英語 小林克也 1978年5月3・10日

この日は、こちらの曲を解説。

Silver Lady
by David Soul

前半は1978年5月3日放送分。
お題はput you throughです。

David Soulのもう1曲はこちら。

Playing To An Audience Of One

後半は、1週間後の5月10日放送分です。

紹介曲はこちら。
House of the Rising Sun by Santa Esmeralda

「朝日の当たる家」ですね。お題はspend one’s lifeです。人生を過ごす。

Santa Esmeralda2曲目はこちら。
Hey! Gyp
by Santa Esmeralda

70年代ディスコってこんなだったっけ? と思ったりしますが、
途中の「チャチャチャン!」って入るギターの音を聞くと、
あー、なんかやっぱりマイケル以前のディスコってこんなだったかなー、と思い出しますね。

それにしても、こうして
あの小林克也さんのコーナーが聞けるなんて(T.T)

ほとんどあきらめていたので、
もう一度ゆっくり聴くことができて、
本当に嬉しかったです。

keiwakaさん、ありがとうございました!

洋楽の世界を教えてくれた百万人の英語

百万人の英語で、小林克也さんが解説をした曲で私が覚えているのは、

Africa by TOTO
New Kid In Town by The Eagles
Telephone by Electric Light Orchestra

だったかなあ。多分、この動画よりもっと後ですね。
毎月テキストが出るのが本当に楽しみでした。

それまで、英語の歌詞というと、
「平凡」や「明星」の付録の歌本のカタカナ付きのやつしか知らず、
ライナーノーツの意味は意訳だったし、
一言一言発音と意味を確認できるのは
小林克也氏の解説しかなかったと思います。

こうやって、ひとつひとつ確認すれば、
何を言っているのかわからなかった歌でも、なんとなくわかるし、
真似して歌えるようになる!
早口で難しそうな歌でも、こうすれば歌えるじゃん!
なんて、嬉しくなりました。

TOTOのAfricaみたいに言葉数の多い歌詞の曲は、
この番組がなかったら、多分歌う気にはなれなかったと思います。

百万人の英語、そして小林克也氏は
英文法だけじゃなくて、英語の楽しさを教えてくれました。
おかげで、大学も仕事も英語関係の道に進むことになりました(^_^)

あまりにもなつかしかったので、
こちらに、百万人の英語「ミリオンズシアター – 英語」で
小林克也氏が解説した英語の歌をまとめてみました。

keiwakaさんの動画を参考にさせていただいたのと、
自分のおぼろげな記憶を組み合わせたプレイリストです。

What A Wonderful World This Would Be とHey Gyp以外は
すべてAmazon Music でみつかりました。

(再生ボタンをクリックで無料試聴できます。)

Amazon Prime会員の方→プレイリストをまるごと取得・全曲フル再生
非会員の方→Amazon Prime Musicの詳細はこちら
★このプレイリストにはAmazon Music Unlimitedの曲も含まれています。
  詳細はこちら↓

もし、「他にもこんなのあったよー」とご記憶の方がいらっしゃれば
是非、教えてくださいね。

プレイリストにどんどん追加していこうと思います。


老後の生活資金を確保するには

定年退職前に自力で稼ぐ力をつけよう!

パソコン1台で稼ぐノウハウから
会社組織の運営方法まで
自宅で学べる無料の動画セミナー

詳しい内容を読んでみる

ブログ管理人プロフィール

1962年早生まれ。典型的な昭和世代の青春時代を過ごし、思い出を発掘している50代。
バブル時代をクソまじめに過ごしたにも関わらず、
定年を前にして老後の生活資金に悩む女子事務員の奮戦記はこちら。

プロフィールを読んでみる

★コメントを書いてあなたの思い出もシェア!★