Billboard 1970年のチャート

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

1970年(昭和45年)の週間トップ1の一覧はこちら。

The Hot 100 – 1970 Archive

日本でも良く知られていた主な曲をあげると、こんな感じ。

  • Raindrops Keep Fallin’ On My Head by B.J. Thomas  4週連続
  • Bridge Over Troubled Water by Simon & Garfunkel  6週連続
  • Let It Be by The Beatles  2週連続
  • ABC by Jackson 5  2週連続
  • The Long And Winding Road/For You Blue by The Beatles  2週連続
  • The Love You Save/I Found That Girl by Jackson 5  2週連続
  • (They Long To Be) Close To You by Carpenters  4週連続
  • I’ll Be There by Jackson 5  5週連続

この年前半の圧巻は6週連続トップの「明日に架ける橋」。

ビートルズはもう解散への道まっしぐらでしたが、それでも2曲合わせて4週間トップを獲得しました。

4週間トップを果たしたのは、他に「雨にぬれても」とカーベンターズの「遙かなる影」。両方ともバート・バカラック作曲、ハル・ディビッド作詞という組み合わせなので、この2人の組み合わせで8週間もトップを取ったことになります。

そして、ビートルズに割って入った形で登場したジャクソン5。「ABC」からはじまって3曲が、合計9週間に渡ってトップを獲得しました。

折しもビートルズと入れ違いに大ブレイクを果たしたジャクソン5。1970年代に突入し、やはり時代は変わった、という感じはありますね。

当時私自身は8歳でしたが、兄がギターを弾きながら「レリビー、レリッビー」と歌っていたという記憶だけがあります。

ジャクソン5は完全に後追いでした。I’ll Be There を知ったのは、フィンガー5の晃くんのソロアルバム「あきら ぼくの好きな歌」に入っていたのがきっかけ。アメリカでヒットしてから、4年後のことでした。

そして、マイケル・ジャクソンという人物をしかと認識したのは、もっと後、80年に入ってOff The Wallを聞いてからです。あのジャクソン5のおちびちゃんと同じ人物だったなんて、当時は信じられなかったし、とても実感として結びつきませんでした。

でも、マイケルにまつわる悲しい事件を見る度に、ジャクソン5時代のあの頃のままだったらよかったのに、スーパースターなんてならなくてもよかったのに、と子供時代の彼を思い返したものです。

今でも、ジャクソン5時代の映像を見ると涙が出ます。

これと「ベンのテーマ」は「マイケル・ジャクソン」というミュージシャンを語るのに絶対にはずせないですね。それにしても、子供の声で歌ったものでこれほど感動的なものになるとは…。

そして最近みつけたのですが、こちらが亡くなる直前、最後のI’ll Be Thereです。

心よりご冥福をお祈りします。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 1970年代回顧へ
にほんブログ村

クリック↑応援
お願いいたしますm(__)m


ブログ・ランキング、今日は何位になったかな?

にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へ

ブログ管理人プロフィール

1962年早生まれ。典型的な昭和世代の青春時代を過ごし、思い出を発掘している50代。
バブル時代をクソまじめに過ごしたにも関わらず、
定年を前にして老後の生活資金に悩む女子事務員の奮戦記はこちら。

プロフィールを読んでみる

★コメントを書いてあなたの思い出もシェア!★