お好み焼き食べ放題のお店で、昭和の小学校へタイムスリップ!

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

昭和レトロな飲食店、
ちょっと郊外に行かないと出会えないのかなあ、と思っていたのですが、

なんと、吉祥寺 –
住みたい街ランキングで何度もトップになった、あの「吉祥寺」で
見つけてしまいました!

1480円で食べ放題!のお好み焼き屋さんです。

入る瞬間からもう小学校

まず、目に付くのが、入り口に貼られた「学級目標」です。

「あいさつは元気よく」とかなら本当にあったかも。

 

こちらは日本地図。雨ざらしなので、もう大陸棚も陸地みたいになっちゃってます。

そういえば、こんな地図、自分のうちのトイレにも貼ってましたわ(^_^;

 

あちこちに思い出の小物が詰め込んである入り口の全体像はこちら。

 

お店の名前は「八十八分」。はちじゅうはっぷん、と読みます。
もんじゃ焼き、お好み焼きが1480円で食べ放題

座る席も壁の小物も教室そのもの

まずは、座るか、とイスに視線を向けると

まさに教室の席と男子のランドセル。
自分が小学生の時、男子のランドセルは黒一択でしたねえ。

最近は、男子のランドセルもカラフルになって、
黒を買うのは2割程度だそうで。

 

そしてこちらは女子用。

女子のランドセルも昔は「赤」と決まってましたが、
昨年、赤いランドセルの販売実績はゼロだったそうです(^_^;

赤じゃなくて、「チェリー」とか「ピンク」なんですねえ、売れているのは。

 

メニューはどこかなー、と壁に目をやると、

おお、1年生の時にしかかぶらなかった黄色い帽子。
運動会の輪っか飾り。
お習字、風鈴。

何もかもがなつかしいですね。

 

運動会と言えば、こちら。

紅白の帽子と、恐らく、体操着の袋。
うん、多分給食当番のかっぽう着じゃないよね、ちょっと汚いし(^_^;

 

そして、こんなものも。

さすがに学校の教室には無かったかと思いますが(^-^;

ウルトラマン、ウルトラセブンはわかります。あと、一番小さいのは何だったっけ…?

肝心のお食事は?

メニューの方ですが、1480円の食べ放題は、

  • もんじゃ焼き
  • お好み焼き
  • 焼きそば

というラインナップでした。

 

お好み焼きはこれ。

エビが効いてましたね。表面のカリカリとエビの香ばしさがマッチしてなかなかウマい。

 

こいつを思いっきり食べたら、最後は焼きそばです。

View this post on Instagram

お好み焼き屋さんでシメの焼きそば〜

A post shared by るりっぺ (@rurippe1960) on

このときは二人だったのですが、
ジュージュー、ザクザク、やるんだったら、
4人以上で行くのがお勧めですねえ。

 

お会計はこちらで。

これって、黒電話とレジが一体になっていたんでしょうか?
どうやって使っていたのか、全く記憶にありません(^_^;

こんな時にお勧めです

お店全体で、席数は70席。お店貸し切りも可能だそうで。
2階もあって、そっちは畳の部屋になっています。
聖子ちゃんとか昭和のアイドルのポスターが貼られていて
小学校というより、浪人生の下宿みたいな雰囲気が漂っていました。

同窓会の2次会なんかでなだれ込んだら、帰れなくなりそう(^_^;

まあ、そんな大がかりな集まりでなくても、

・数十年振りに、かつての同級生と再会したけど、「今」の話がかみ合わなくなってきた時。

・デートがマンネリ化してきたカップル。

・共通の話題が無くて困り果てている熟年夫婦。

みたいなケースだったら、
ちょっと行ってみる価値があるかもしれません。

最初は目を合わせるのがおっくうで
下を向いてもんじゃ焼きをかき回しているだけかもしれないけど

「あー、そういえば高校卒業するまでは黒電話だったねー」
なんて話しが始まれば、

焼きそばを食べ終わる頃には
顔を上げてにっこりできるようになるかもしれませんよ?w

★ブログ管理人プロフィール★

1962年早生まれ。典型的な昭和世代の青春時代を過ごし、思い出を発掘している50代。
バブル時代をクソまじめに過ごしたにも関わらず、
定年を前にして老後の生活資金に悩む女子事務員の奮戦記はこちら。

プロフィールを読んでみる

★コメントを書いてあなたの思い出もシェア!★