American Top 40 1970年代10年間トップチャート

★Written by るりっぺ(プロフィールはこちら)★

1980年末もしくは81年年初に1980年の年間チャートが放送されたはず、と思い、けっこう探し回ったのですが、みつかりません。おかしいなあ、と思っていたら、この年は1970年から79年までの10年間の総合チャートを放送したんですね。

それでは行ってみましょう。

オープニングのアナウンスはこれ。

Hello again, and welcome to American top 40. I’m Casey Kasem and this is a very special countdown.

We’re about to do 80 40’s exclusive survey of the 50 top hits of the 1970’s. In the next four hours you will live the past ten years through the biggest hits of the decade. The biggest pop singles from 1970 through 1979.

Every one was the number one and we’re about to count them down starting with the 50th of the biggest records of the decade ending up with the number one song of the 70’s.

And here we go. “Number 50!”

そして、70年代10年間チャートのTop 5はこれらの曲でした。37:00あたりから。

5位 Alone Again by Gilbert O’Sullivan

リリースは1971年ですが、ブレークしたのは、翌年1972年の夏。6月から9月にかけて、6週間トップをとりました。じわじわ来たんですねえ。この曲、なぜかものすごくなつかしくて、時々聴くと涙出そうになります。声のトーンのせいなのか、ギターソロの悲しげなサウンドのせいなのか… 自分にとっても70年代の代表曲だなあ。

4位 First Time Ever I Saw Your Face by Roberta Flack

1972年の4月から5月にかけて、6週連続トップだったそうですが、私、この曲知りませんでした(^_^;

ロバータ・フラックといえば、日本ではやっぱりネスカフェでしょう。Killing Me Softly「やさしく歌って」ですね。この曲のリリースは1973年なので同じく70年代ですが、First Time Ever I Saw Your Faceの方がチャート入りした回数が多かったため、年間チャートではこっちの方が上に来たみたいです。

せっかくだから、両方貼りますw

3位 Joy To The World by Three Dog Night

1971年、6週連続1位でした。この年はRod StewartのMaggie May、Rolling StonesのBrown Sugar、Janis JoplinのMe And Bobby McGeeなど、渋いロックの当たり年でしたが、この曲もけっこうロックしてますねえ。

私の場合、この曲の初体験はフィンガー5の晃くんバージョンだったので、タイトルを見ると未だにボーイソプラノがグルグルしちゃいます。いまどきだとマライア・キャリーのカバー方が有名なんでしょうけどね。それでも20年前ですが…(^_^; うう。

2位 Bridge Over Troubled Water by Simon & Garfunkel

邦題「明日に架ける橋」サイモン&ガーファンクルです。

兄がギター弾きながら歌ってたのを聞いていて「らいかーぶりー じょーばー とらぼー うおーら」の部分は覚えちゃいましたね。「ぶりー じょーばー」じゃなくてbridge over なのだ、というのがわかったのは、何年も経った後でした。

リリースは1970年。ビルボードチャートでは6週連続第一位だったのですが、7週目にLet It Beに1位の座を奪われました。ライバルがLet It Beじゃなかったら、もっと続いたかもしれませんね。この年の後半ではJackson 5がI’ll Be Thereで5週連続トップを取ります。後世に残る曲が続々と出てきたものすごい年となりました。

1位 You Light Up My Life by Debby Boone

これ、邦題は「恋するデビー」。 なんでそうなっちゃうんですかねえ。まあ、当時邦題をつけていた方々の並々ならぬ苦労を考えると軽々しく文句言っちゃいかんと思うのですが、それにしても。

リリースは1977年。私も思春期を迎え、ラジオから流れてくるこの曲に涙したものです。

70年代の10年間でこれが1位、というのはちょっと予想できなかったですね。まあ、ビートルズは60年代の方が勢いがあったし、70年代はロックも多様化してセールスも分散してしまったようですね。

ビルボードが何をどのくらいの割合で集計してランキングを出していたのかはよくわからないのですが、恐らく後半になるほど購買層も広がってきたので、後半にリリースされたものの方が有利だったのかもしれません。そんな中で70年にリリースされた「明日に架ける橋」が2位というのはやっぱりものすごいヒットだったんでしょうね。

さて、80年代のチャートの方も掘り起こしてみたいと思いますが、今のところ、American Top 40の年間チャートで見つけられたのは82年から。恐らく一番知っている曲が多いであろう80年と81年が無いのは本当に残念ですが、ビルボードの集計は出ているので、そのうち動画だけでも貼っていこうと思います。

というわけで、次回(いつになるかわかりませんが)は1982年の年間チャート、アップする予定です。

 

 


ブログ管理人プロフィール

1962年早生まれ。典型的な昭和世代の青春時代を過ごし、思い出を発掘している50代。
定年を前に節約・貯蓄中心の将来設計が無意味なことに気づき、
昭和モデルのライフプランをリセット、老後の不安を解消した
るりっぺのプロフィールはこちら。

プロフィールを読んでみる

Leave a Reply

Be the First to Comment!

★コメントを書いてあなたの思い出もシェア!★

  Subscribe  
Notify of