American Top 40 1980年の録音

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

American TOP 40、私はFENで聴いていました。毎週土曜日の午後は4時間かけっぱなしでしたね。ラジオ関東でも湯川れい子さんがやってましたが、たしか夜遅かったので、あまり聴けなかったかな。

12月の最終週は年間TOP40をやってくれたので、カセットテープ何本も使って録音しましたね。大掃除しながらテープひっくりかえしたりして、忙しかったぞ。なんであのテープをとっておかなかったのか、今となっては本当に悔やまれます。

DJはCasey Kasem、当時はネットもなくてスペルを調べようもなく、ケーシー・ケイスンって覚えてましたね。で、このなつかしいケーシーの声がたっぷり聴けるYouTubeチャンネルを見つけることができました。どうも去年の今頃からアップしはじめたようです。

音声は、あのオープニングから華々しくはじまり、I’m Casey Kasem on American Top 40というなつかしい声が聞こえてきて、もう涙ものです(T.T) 著作権保護のため、音楽は出だしとエンディングのみですが、むしろそれだけに、「あー、あったあった、あれ、なんだっけ?」っていうノスタルジックな気分にさせられます。チラ見せマジックですな。

もう時間さえあれば全部聴きたいところですが、取りあえず、個人的にツボな年のものから挙げていきたいと思います。

まずは、1980年6月28日から。

冒頭は、前の週のトップ3のおさらいです。

3位 Biggest Part of Me by Ambrosia
出だしのSunrise〜 っていうコーラスを聴けば思い出すかもしれません。AORってこんな早く流行りはじめたんだっけか…

2位 Coming Up by Paul McCartney & Wings

1位 Funkytown by Lipps, Inc.

なんか、AOR、ロック、ディスコ、と錯綜してますね〜

そして、いよいよこの週のTOP40カウントダウンがはじまります。なつかしいアナウンスと、あのコーラスのジングルも聴けますね。

This is American Top 40. I’m Casey Kasem and our countdown of 40 biggest songs in America this week begins in a moment.

Casey’s coast to coast 〜 American Top 40 〜

I’m Casey Kasem and here are the 40 biggest hits in America.

Number forty 〜

そしてこの週のトップ3は以下のとおりでした。

3位
The Rose by Bette Midler
2位
Funkytown by Lipps, Inc.
1位
Coming Up by Paul McCartney & Wings

ウイングスがリップシンクを抜いて堂々一位に。このあと1ヶ月ぐらいはトップを独走しました。

ほんとにこれ、聞き入っちゃうので、お時間のあるときにクリックすることをお勧めします(^_^;

 

 

 

★ブログ管理人プロフィール★

1962年早生まれ。典型的な昭和世代の青春時代を過ごし、思い出を発掘している50代。
バブル時代をクソまじめに過ごしたにも関わらず、
定年を前にして老後の生活資金に悩む女子事務員の奮戦記はこちら。

プロフィールを読んでみる

★コメントを書いてあなたの思い出もシェア!★