昭和の恐怖マンガ – つのだじろう

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

昭和の怖いマンガ、というとはずせないのが、つのだじろう氏です。

兄の命令でよく買いに行かされた少年マガジン。「あしたのジョー」「男おいどん」「タイガーマスク」は女子でもけっこう楽しみだったけど、「空手バカ一代」は、ちょっと絵が馴染めず、あんまりストーリーも覚えていませんでした。

しかし。

その後、つのだじろう氏が「恐怖」路線に突入した途端、夢中になって読み始めたのです。この心理状態がなんだったのか、いまだによくわかりません。

代表作は、「うしろの百太郎」とか「恐怖新聞」だと思うのですが…

pin

pin

 

なんと言っても怖かった、というかヤバかったのは「亡霊学級」でした。

亡霊学級 Kindle版

(なか身!検索だけでも十分恐いです。多分、これ以上ムリ、という気分になりますので、まあ、お好みで(^_^;)

 

さて、以下、テキストのみですが、それでも閲覧注意です。もちろん画像は自粛。

 

ここから閲覧注意
↓↓↓

もう多くの同世代の方のトラウマになったのが、あの、芋虫のお弁当です。

たしか、虫をいじめていた子供だったような記憶があるのですが、その子のお弁当に芋虫が出るようになり、それは日に日に増え、食べ物全部が芋虫になってしまうという…

うう、もうだめだ、これ以上書けない(T.T)

それから、ポットントイレの底に子供の死体が、っていうのもありました。どんなストーリーだったか全く覚えていないのですが、つのだ氏の描く水死体というのがもう怖くて怖くて、なんで自分はこんなもん読んでるんだろう、と思いながらも止められない、という、もう、ホント、ダメな状態になってました。

子供の頃、「亡霊学級」を読んだ覚えのある方は、「芋虫」だけで、わーっと記憶が蘇ってくると思いますが、そこで留めておくことをお勧めします。

私は、うっかり「画像検索」してしまったのですが、Googleもすごかったし、Pinterestにいたっては、もう夜寝られないぐらいの画像が山盛りに出てきました。その絵のすごいこと、自分の記憶が甘かったとへこむほど、予想以上のものが出てきます。

そう聞くと、検索してしまいたくなるのが人情ですが、もう私たちは子供の頃の耐性がなくなっているようですので、くれぐれも自己責任で(^_^;

 

にほんブログ村 その他趣味ブログ 1970年代回顧へ
にほんブログ村

応援クリック↑
お願いいたしますm(__)m


ブログ・ランキング、今日は何位になったかな?

にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へ

ブログ管理人プロフィール

1962年早生まれ。典型的な昭和世代の青春時代を過ごし、思い出を発掘している50代。
バブル時代をクソまじめに過ごしたにも関わらず、
定年を前にして老後の生活資金に悩む女子事務員の奮戦記はこちら。

プロフィールを読んでみる

★コメントを書いてあなたの思い出もシェア!★