昭和時代、何かのついでに遊んだアレ

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

台場一丁目商店街の中にある、
「一丁目プレイランド」は
昭和時代のなつかしいゲームが満載です。

あまりにたくさんあるので、
ちょっとずつご紹介していきます。

デパートの屋上にあったやつ

三越とか松坂屋じゃなくて、
郊外の地元の○○百貨店みたいな
小規模のデパートの屋上にあったのはこれ。

オバQとウルトラマン

オバQとウルトラマン。

こんなものの上に乗って
ゆらゆら揺れてるだけなんて、
何がおもしろかったのかよく覚えていませんが(^_^;

これが目に入ると、なぜかワクワクしたものでした。

ボーリング場の待ち時間はこれで遊んだよ

ボーリング場も、昭和のファミリーの典型的なレジャーでした。

週末はご家族連れでどこもいっぱい。

受付で名前を書いてから
1時間ぐらい待たされるのもザラでしたね。

こちらは、そんなときの暇つぶしで遊んだピンボール。
当時は、ボーリング場と同じフロアにありました。

2台ともアメリカ製で、
右はWilliams Electronics社のGrand Prix,
左はBally Manufacturing社のNight Rider。

両方とも1976年製造だそうです。昭和51年ですね。
Bally Manufacturing社は、
これを作った時点で創業45年の老舗でしたが、
1988年に買収されました。

このピンボール、子供の背丈ではなかなか難しかったですねえ。
達人のお兄さんたちは、腕力で機械をゆらし、
力わざで点数を稼いでいましたが(^-^;

お台場の一丁目プレイランドには、
平成に入ってから作られた
新しいものもありました。

こんな大がかりなものを輸入して
自分たちでメンテしてたなんて、
けっこう手間暇かかったでしょうねえ。

待ち時間の暇つぶし、
今だったら、ひたすらスマホを見てるんでしょうけど、

あの頃は、
「まだー?」
「もう、いいや、帰る!」
「また行くの? もういいよー」
を防止するための設備投資、

大変だったんですねえ。

★ブログ管理人プロフィール★

1962年早生まれ。典型的な昭和世代の青春時代を過ごし、思い出を発掘している50代。
バブル時代をクソまじめに過ごしたにも関わらず、
定年を前にして老後の生活資金に悩む女子事務員の奮戦記はこちら。

プロフィールを読んでみる

★コメントを書いてあなたの思い出もシェア!★